骨髄腫の種類にはどんなものが

骨髄腫と一口にいってもいろいろな種類があります。

以下にその分類をあげましたので、ご参照ください。

 

*** 骨髄腫の種類と免疫グロブリン ***

  • 『単クローン性免疫グロブリン血症』とは----
    形質細胞が腫瘍化すると、あるひとつの免疫グロブリンのコピーを産生し続けてしまうことになる。
    この状態を「単クローン性免疫グロブリン血症」と呼ぶ。
  • このとき出来る特定の蛋白を『M蛋白』と呼ぶ。
     (「M」はmonoclonal(= 単クローン性)の「M」です。)
  • 『単クローン性免疫グロブリン血症』の分類
     (できるM蛋白と病名との関係は以下のようになります)
出来るM蛋白 病名
1 IgG IgG型骨髄腫
2 IgA IgA型骨髄腫
3 IgD IgD型骨髄腫
4 IgE IgE型骨髄腫
5 L鎖のみ(BJP) Bence Jones型骨髄腫
6 IgM 原発性マクログロブリン血症
7 H鎖のみ 重鎖病



・上の表で1〜5迄が『骨髄腫』です。
 ベンスジョーンズ型はL鎖ばかりを作ってしまうものです。
 L鎖ばかりの「ベンスジョーンズ蛋白(BJP)」は免疫グロブリンでは
 ありませんが「単クローン性免疫グロブリン血症」の仲間に入っています。
・IgMだけ「骨髄腫」から、除外されていますが、これは
 「腫瘍細胞の増殖の場が骨髄よりもリンパ組織が中心」だからだそうです。




*** 免疫グロブリンの種類 ***
・種類は構造上 10種類
・IgG、IgM、IgA、IgD、IgEの5タイプのそれぞれに
 κ(カッパ)型とλ(ラムダ)型の2種類がある。
 (→5×2=10種類)---- 詳細は「構造」の所で



*** 免疫グロブリンの構造 ***
・免疫グロブリンは「タンパク質の一種」で「鎖状になったポリペプチド」からできている。
(その「ポリペプチド」は「アミノ酸の集り」---)

・免疫グロブリンは
   H鎖(heavy chain = 重鎖)と呼ばれるポリペプチド鎖と
   L鎖(light chain = 軽鎖)と呼ばれるポリペプチド鎖
 の組み合わせで出来ている。

・このH鎖には
  γ(ガンマ)μ(ミュー)α(アルファ)δ(デルタ)ε(イプシロン)の5種類がある。
 それぞれがIgG,IgM、IgA、IgD,IgEを構成している。

・一方L鎖は、各免疫グロブリンに共通で
  κ(カッパ)型とλ(ラムダ)型の2種類がある

・したがってH鎖5種類 × L鎖2種類 で合計10種類の構造がある



*** 免疫グロブリンの名前 ***
たとえば「IgG」は『Immuno Globulin(イミュノグロブリン=免疫グロブリン)のγ(Gamma)鎖タイプ』ということです。

(あとは、μ(ミュー)→M、α(アルファ)→A、δ(デルタ)→D、ε(イプシロン)→E となります。)



*** 免疫グロブリンの働き ***
各免疫グロブリンの比較表がありますので以下に転記します。
抗体としての働きもそれぞれ異なっています。
表にはありませんが、IgEはアレルギー反応に関係があるようです。


表1.各免疫グロブリンの性状
IgG IgM IgA IgD IgE
H鎖クラス γ μ α δ ε
分子量 15万 90万 16-40万 18万 19万
血清中濃度
(mg/dl)
750-1500 100-200 150-300 3-6 0.05
抗菌作用 + +++ + ? ?
抗ウィルス作用 + + +++ ? ?
胎盤通過性 + - - - -
補体結合性 + +++ - - -

出典は 

 五幸恵 著「病態生理できった内科学 part3 血液疾患」医学教育出版社

(取りまとめ) 浮田

ページの先頭に戻る
質問の一覧に戻る

(c)copyright 2003 IMF Japan all right reserved.